福岡の引越しは福岡引越サポートへ 福岡引越サポート

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

まずはお見積りください!

見積りのご依頼はこちら

引越しマニュアル

引越しマニュアル

引越し業者の種類と特徴

引越し業者の種類と特徴

引越し業者選びの際、ネット検索すると色々な業者が出てくると思います。
各業者、様々なサービス内容や運搬方法で特徴があり、差別化をはかっています。 その中から選ぶにもその辺を理解してないと業者選びも難しいし、引越し当日のトラブルにもなり兼ねません。 そのようなことが起きないようによく理解してご自身にあった引越し業者を見つけましょう!!

引越し荷物の運搬方法

引越しの際の運搬方法については大きくいくつかにに分かれ、同じ荷物・運送距離であっても運搬の方法によって料金もかなり変わってきます。 まず、引越し業者を探す前に運搬の方法を良く理解し、お客様の都合や予算を見比べて判断してみてはいかがでしょうか?
いくつかある運搬方法の紹介と利点・難点を上げさせてもらいます。

混載での引越し

この運搬方法は、路線バスと一緒で同じ方向に向かう乗合のことで、同じ方向に向かう複数世帯の家財を一台で積み込み、近い県から降ろしていくシステムになります。 ですので、運賃が積み込んだ世帯数れ分散される為、比較的安い料金での引越しが可能です。 対して時間の指定が出来ないやトラック間の積み替えによる紛失・破損などの難点があります。

💡こんな方におすすめ!

中長距離地区への引越しで日にち・時間の融通が利く方
現在福岡で単身生活されてる学生さんや社会人の方で、県外にあるご実家(地元)などに帰られる方にお勧めです。

貸切での引越し

貸切とは貸し切りバスなどと同じでお客様の専用便であり、他のお客様の荷物を積み込むことはありません。 ですので、時間の指定や二か所積みなどお客様のご都合に柔軟に対応出来ます。 対して難点は、貸し切りであるが故、引越し料金が比較的高めになります。

💡こんな方におすすめ!

上でも述べました通り、お客様の専用便なので、お客様の時間・希望を優先できます。 引越しを1日で終わらせたい方・搬入希望日を指定したい方などにてきしていると思われます。

コンテナ利用での引越し

コンテナでの引越しには二つあってJRの貨物列車での輸送と貨物船でのコンテナ輸送があります。
陸送が出来ない離島からの引越しの運搬は貨物船での一択になると思います。
この方法の大きな欠点は、天候に左右されやすく数日船が出港出来ず延着することもしばしばあります。
JR貨物を利用は、一台の列車(動力)でいくつもの台車を引くので混載便と同じように料金は低く輸送でき、一世帯の家財量にあったコンテナサイズで運ぶので他世帯との混載にならず積み残しなどの荷物トラブルも軽減できます。 また貨物駅で数日間の保管してもらえる為、新居でのスケジュールが組みやすくなります。

●ボックスチャーターでの引越し

大手路線会社で単身世帯向けのサービス(単身パック)があります。
このサービスは、単身世帯の少ない荷物のお客様が県外へ向かう引越しの際お勧めで、かご台車という専用箱を貸し切り(多くて2台まで)運ぶ方法の為、専用かご内はお客様のみ荷物しか入りませんので破損・紛失の心配もありません。 また運送自体は、ご依頼分の台車を大型トラックに積んでの運搬のため料金も貸し切り便ほど高くありません。
ただし、かごサイズは高さ170~180cm幅・奥行共に100~110cmほどのサイズの為、ベット・3人掛けソファーや背の高い収納家具があれば対応してもらえません。

引主な業者毎の特徴

引越しを行っている業者の種別は大きく2つ分かれます。その種別によって得意・不得意やサービス内容そして料金が大きく変わってきます。

専門業者の引越し(専門業者)

この引越し業者は、引越しのサカイやアート引越センタ-などがこれにあたり、引越しを専門にしている業者になります。 やはり専門業者だけあって様々なプランの準備、屋内の荷扱い作業の速さ・正確さは一番です。
もちろん地場の~引越しセンターなどもこちらにあたり、近距離の引越しは大手よりお安く設定されているような気がします

路線便会社の引越し(兼業業者)

この引越し業者は、日本通運やヤマト運輸など引越しだけでなく、いろいろな運送作業も行う業者になります。
主に混載便での対応になりますので、九州から関東や関西など長距離の引越しの際は比較的安い料金で引越しが出来ます。

引越しプラン・サービス内容

引越し業者は各々でサービスの差別化を図っています。
ですが、細かい違いはあるものの基本的には大きな違いは無く三つの作業プランに分かれます。
お客さまのお仕事の都合や希望の予算などを踏まえ選択されてください。

基本のプラン

基本プランは、衣類・食器・小物などの荷造り・開梱を行っていただき、引越し業者は、大物家具家電養生・運搬・搬入(設置)のみを行うプランです。 単身の引越しや荷物が少ない方におすすめです。

ハーフプラン

こちらのプランは、基本プランに積地での衣類・食器・小物の梱包作業が付いたプランで、新居での開梱作業はお客様の作業になります。 仕事が忙しくて荷造り出来ない方や引越しの前日まで実家からに戻ってこない方などにはおすすめのプランです。

フルプラン

小物の荷造りから荷解きまで、ほとんど全ての作業を引越し業者におまかせする物で、 荷物の量が多い一般世帯の方や小さいお子様がいるご家庭におすすめするプランです。

その他のプラン・サービス

その他高齢者の為のシニアプラン、単身女性を対象としたレディースパック、そして立ち寄りプランなど様々なプランがあります。 また時間の無い方への清掃サービスや使用済みダンボール回収などのサービスもあります。

引越し業者探しでの注意点

引越し業者選びの際、一括サイトを利用したり、 ネット検索でヒットした業者一社一社に直接連絡したり様々な方法で依頼業者を選択されると思います。

一括比較サイトの利用の際の注意

この方法は、色んな業者を比較するには良いかもしれません。特に時間の無い方にはいっぺんに業者比較が出来、うまく行けば時間をかけずにご希望の業者にたどり着けます。 このサイトを利用すると、一括サイト運営会社を経由し複数の引越し業者へ同時に見積もり依頼が掛けられます。そうなれば当然、価格競争に勝ちたい業者は可能な格安料金を提示してきます。場合よっては、相場よりかなり安い業者にありつけることもあります。
ですが問題もあります。
このように便利でお得なサイトではありますが、
『一括見積りしたら烈火の如く電話かかってくる』『同じ番号から何度もかかってくる』など困ったことが起き、ただでさえ引越し準備で忙しいのに電話対応で一日を費やしてしまう何てことも事も起きかねません。
利用される際は、そのサイトの内容を事前に確認を行い利用する事お勧めします。

 

出張での見積もり

これは電話での見積の際にも言えるのですが、出張見積もり来た担当の名前気になることは質問して回答もらったことを必ずメモする事をお勧めいたします。 また、ダンボール資材を見積の段階で置いて行かれた場合も注意が必要です。 契約の場合のみ無料配布されるものなので、もし断る際には買取や送料を支払い送り返さなければいけないケースもあります。

 

問合せた引越し業者の料金・内容等を必ず控える事

ご自身で最適な業者を選ぶ際、数社の業者へお問い合わせをすると思います。 相見積もり事態は悪い事ではなく、料金やサービス内容を比較して選ぶ方法は一番良い方法だと思います。  ですが、どこに連絡したか分らないなどのことが無いように問い合わせた業者の会社名・電話番号・担当者・料金・サービス内容は会社ごとに控えるようにしてください。
特に3月の繁忙期に体験する事例が、私の所属する赤帽に数件問い合わせてどこに依頼したかわからず、『~ですが、~日にそちらで予約してませか?』という連絡があります。 そのようなことが無いように先程も申し上げた問合せまたは契約した会社情報や料金などを必ず記録してください。

 

最後に

最終的にお客様が何を求めるのかによって必然的にどの形態での引越しがベストか選択できると思います。 そして、その中から料金やサービス内容で判断されてはと思います。
また、問合せや業者選択には時間もかかりますので、引越しの準備と同じように余裕を持って取り掛かりましょう!

handle icon

ドライバー直通

080-6423-2217

電話受付時間:07:00~20:00

お見積フォーム

引越対応可能エリア